マツエクとまつげ美容液

現在私が行っているまつげ美容は、マツエクとマツゲ美容液です。ここに至るまでの経験をお伝えします。

およそ15年ほど前、マツエクという文化はまだありませんでした。
当時流行っていたのはマツゲパーマで、最初は美容サロンで2000円~3000円位で施術を受けていました。初めてマツゲパーマをしたときは、クルンと地毛が持ち上がり、目がパッチリと見えて満足でした。

そのうちにマツゲパーマ代を節約したくなり、自分でマツゲパーマが出来るキットを通販で購入しました。ロッドとクリーム状のパーマ液が2種類セットになっていました。

パーマをするときは鏡の前で薄目を開けて、やっとの思いでロッドに毛を巻きつけていましたがパーマ液が目に入ってしまいそうでとても怖い思いをしました。出来栄えはサロンとあまり変わらず、まぁまぁでしたが…。

マツゲパーマを10年くらいしていましたが、そのうちにつけまつげが流行りだしました。早速ディスカウントストアでつけまを購入し、接着剤で着けてみると…流行りのバッチリ目元になりました。

ただ、いろいろな接着剤を試してみましたがどれも朝装着して夕方くらいになると端のほうから取れてきてしまい、会話中の友人に指摘されるほどで恥ずかしい思いをしました。

その後は、つけまをしていると取れてしまわないか常に心配になり、またつけまは消耗品なのでコストもけっこうかかるので見た目も自然なマツエクを試してみることにしました。

マツエクの一回の施術は美容サロンにて5千円台ほど。痛い出費ではありますが、4週間もちます。美容サロンもいろいろとまわりましたが、やはり「接着剤と相性が良いこと」「エクステの質が柔らかく上質であること」「デザインが上手であること」を重要視してお店を選んでいきました。

地毛にマツエクを装着するので、地毛も大切です。地毛には朝晩まつ毛美容液を塗っています。チップの先端で根本に塗っていきます。おかげで地毛まつ毛もしっかりしてきました。

近くで見ても自然でデザイン性の高いマツエクが今の時代には一番のマツゲ美容法と言えると思います。